血糖値が高くなり肥満へと続く、そしてその先の糖尿病

人が太る仕組みは、単純に言えば、摂取するカロリーより消費するカロリーが少ないと脂肪として蓄積されると肥満という状態になります。

もう少詳しく言えば、食事で摂取した脂肪分が、中性脂肪として脂肪細胞へ蓄えられて脂肪となる場合と、食事で摂取した炭水化物が脂肪になる場合の2通りがあります。

なんとなく脂肪分が脂肪になるというのは、想像ができるのですが、炭水化物はなぜ脂肪に変わるのでしょうか?

食事で摂取した炭水化物の糖質がブドウ糖に分解され、血液中に流れます。

この時に血糖値が高くなります。

膵臓から分泌されたインシュリンが血糖と結びつき、グリコーゲンに変えて肝臓や筋肉に蓄えられエネルギーとして消費されます。

そして血糖値が下がります。

しかし肝臓と筋肉に蓄えられる量は決まっているので、それ以上のブドウ糖があれば中性脂肪として蓄えられてしまいます。

それが蓄積していくと肥満になるのです。

現代人の生活は、糖質を大量に摂取してしまいがちですし、運動も意識をしてしないとできないような生活になっているため、容易に血糖値が高い状態に陥ってしまう可能性があるのです。

血糖値が高くなる要因はいろいろあり、その人の生活習慣や遺伝によっても変わってきます。

しかし、最も大きな要因と言えば食事によるものではないでしょうか。

一日に何回も食事や甘い飲み物を取り続けていると、血糖値が高い状態が続きます。

そうするとインシュリンは出っぱなしの状態になります。

インシュリンが大量に出たままになると脾臓が疲れてしまい機能が低下します。

インシュリンの効き目は次第に弱くなったり分泌の量が減少してしまったりして、血糖値を下げることができなくなってきます。

そうなると血液中に糖が残るようになってしまいます。

急激な血糖値の上昇も含め、このような状態が続けばいずれは糖尿病になってしまいます。

肥満の人が糖尿病になってしまう可能性が高いのは、肥満になると細胞に多くの中性脂肪がたまり、ブドウ糖が結合する細胞の「インシュリン受容体」

というものの数が減るため、インシュリンの働きが悪くなるからです。

だから血糖が増えても、インシュリンがうまく働かず血液中にブドウ糖が流れ続けるという悪循環になってしまうのです。

血糖値を下げるお勧めの食事がよくわかる!

こちらに血糖値が下がるために必要な情報が掲載されています。